Windows 11のエクスプローラーのタブ機能が不要に感じる人向け 「ViVeTool」で無効化・有効化する方法

Windowsの使い方
記事内に広告が含まれています。

Windows 11 22H2で、新たにエクスプローラーのタブ機能追加されました。

このタブ機能ですが、タブ機能の使い方を解説した記事にも書いた通り、機能面でかゆいところに手が届かなかったりするので、中には

「サードパーティ製アプリのタブ機能を使いたい」
「シンプルにいらない」

などの理由で不要に感じる方もいると思います。

そんな方に向けてこの記事では、Windows標準のタブ機能を「ViVeTool」を使って無効化・有効化する方法を解説します。

スポンサードリンク

「ViVeTool」を使ってエクスプローラーのタブ機能を無効化・有効化する方法

まず、GitHubから最新のViVeToolをダウンロードし解凍します。

解凍したら、出てきたフォルダを適当な場所に移動させます。今回は例として、Cドライブ直下の「folder」フォルダ内に移動させました。

ViVeToolが入っているフォルダの名前は、必ず「ViVeTool」に変更しておいてください。

タブを無効化する