ショートカットキーや保存先も解説 Windows 11でスクリーンショットを撮影する方法

Windows
記事内に広告が含まれています。

Windows 11でスクリーンショットを撮影する方法は複数あり、それぞれ撮影できるものや画像の保存場所が違います。どれがどう使えるのか、よくわからない人も多いでしょう。

そんな方に向けて、この記事ではスクリーンショットの撮影方法を画像付きで解説します。また、撮影に関することで知っておくと便利なことについてもいくつか紹介しています。

スポンサードリンク

Windows 11でスクリーンショットを撮影する方法と保存先

スクリーンショットを撮影する方法は6つです。以下の通りです。

画像ファイルとして直接保存する
・「Windows」キーと「Print Screen」キーで画面全体を撮影
・「Windows」キーと「Alt」キーと「Print Screen」キーでアクティブウィンドウを撮影
・Xbox Game Barでアクティブウィンドウを撮影

クリップボードに保存してアプリに画像を貼り付ける
・「Print Screen」キーで画面全体を撮影
・「Alt」キーと「Print Screen」キーでアクティブウィンドウを撮影

範囲指定やタイマー機能を使って撮影する
・「切り取り&スケッチ」

どれを使えばよいのかは用途によって変わってきます。

例えば、

  • メモ代わりに撮影する
  • あとでブログやSNSで使う
  • 一旦保存してちゃんと編集する

なら画像ファイルとして直接保存するやり方のほうがいいですし、

  • WordやPowerPointで資料を作成するために撮影する
  • アプリが動いている様子を撮影してSNSでシェアする
  • 編集が不要なものやアプリやSNSの編集機能を使う前提のものを撮影する

ならクリップボードに保存するやり方のほうがいいと思います。

では、これから撮影方法と保存先について解説します。

画像ファイルとして直接保存したい場合

「Windows」キーと「Print Screen」キーで画面全体を撮影する

画面全体を撮影したい場合は「Windows」キーを押しながら「Print Screen」キーを押します。押すと一瞬画面が暗転します。